北上食品工業

小さな一粒がこだわりの第一歩

会社概要

会社情報

料理
心和む豊かな食
伝統の食文化に育まれた食品は、心和む一時を提供してくれます。
北上食品は、北上山系の伏流水と肥沃な大地が育てた大豆や小麦を大切に、
原料産地のメーカーとして、登米の食、宮城の食、日本の食を提供してまいります。
所在地
〒987-0902 宮城県登米市東和町米谷字元町146
工場・事務所 宮城県登米市東和町米谷字元町166-3
TEL:0220-42-2140 FAX:0220-42-2186
町指定文化財「不老仙館」の向い側に位置しています。
資本金
1000万
代表者
飯塚 哲朗
従業員
15名
取り扱い商品
●納豆  <北上納豆郷便り、北上納豆郷便りミニ>
●豆腐  <北上もめん、北上絹ごし、油揚げ、からからおから>
●こんにゃく <平こん、糸こん、など>
●「宮城県産小麦あぶら麩」
●天然醸造味噌「不老仙」
主な取引先
(株)ウジエスーパー、(株)ヨークベニマル、
みやぎ生活協同組合ほか県内のスーパーマーケット、食品小売店
送料
こちらをクリック
連絡先
kinfo@kitashoku.co.jp

沿革

昭和22年12月
北上納豆店として創業
昭和39年12月
有限会社 北上食品工業に法人化
昭和62年
工場を現在の「宮城の誉」跡地に移転
平成5年4月
株式会社 北上食品工業に組織変更
平成9年
創業50周年を迎える
平成23年3月11日
東日本大震災により、工場、事務所等に甚大な被害を受ける
平成24年3月
工場仮復旧工事完了。ほぼ震災前の生産能力を回復

PAGE TOP